伊藤幸弘の評判は悪いのか?

伊藤幸弘さんの不登校・引きこもりを解決する方法の口コミを紹介してます。また、不登校・引きこもりについての情報も紹介しています

伊藤幸弘さんの【評判】は悪い?それとも・・・

28年間のあいだに2000人以上の不登校
ひきこもりを解決してきたと評判の伊藤幸弘ですが

本音のところはどうなのか気になるところです
伊藤幸弘さんの評判はどんな感じなのか紹介します。


少年時代をいじめられて過ごした伊藤幸弘さんですが
高校時代になんと1500人もの不良を率いる

暴走族の総長になっていました。
その時代にかなりの悪事をしてきたそうで、刑務所に
入ったこともある経歴の持ち主でした。
当然ですが、このころの伊藤幸弘さんの評判は最悪です^^

その後、ふとしたきっかけから10人の非行少年の

問題を解決することになります。
校内暴力のひどい彼らのことで学校はかなり困っていた
んですが、その時に伊藤幸弘さんは彼らとしっかりと

話合って相手を理解することで、校内暴力の問題を

解決することができたんです!

このことが今の不登校の解決につながっているんです。

そして、問題を解決したことが周囲でも評判になり
少年たちの問題を解決することになっていく事になります。


書籍を5冊も出版したり、評判がたってテレビなどの
メディアからの出演依頼もたくさん来ました。

なんと、国会で話をする機会にも恵まれます!


伊藤幸弘さんの不登校・ひきこもりの解決方法は評判が
高く、いまでは幼稚園で子育てカウンセラーとして

園児の両親地域の子育てについて相談にものっています。


伊藤幸弘さんの評判は高く周囲からも信頼されていました。
強面ですが、優しいこころを持った人であると評判です。

伊藤幸弘さんのひきこもりを解決する詳しい方法はこちら


伊藤幸弘さんのひきこもり解決方法

伊藤幸弘の講演会(映像)についての詳細はこちら

詳細はこちら

伊藤幸弘 講演会動画

 

今回は伊藤幸弘さんの講演会映像について紹介します。

伊藤幸弘さんは不登校や引きこもりを少しでも早く解決してほしい
という事で、講演会を活動的に行っています。

けれど、より多くの人に伊藤さんの不登校解決方法や不登校の解決
方法を知ってほしいという願いから、講演会の映像を販売する事に
しました。

これにより、参加してみたいけど、講演会に参加できなかった人でも
伊藤幸弘さんの解決方法を知る事ができるようになりまし。

講演会に参加しようとおもっていても、場所が遠方であったり、服装
はどんな格好をしていけばいいのか?

持ち物は何を持って行けばいいのか?など、以外に敷居が高かったり
する場合が多いです。

けれど、講演会の内容を映像でまとめてあるので、そういった心配も
なく気兼ねなく不登校や引きこもりを解決するための方法を知ること
ができます。

また、実際の講演会だと一度聞いてわかった気になる事が多いですが
次第に記憶が薄れ、モチベーションも下がって来ます。

せっかく大切な事を学んでも実際には行動に移すことなく尻すぼみに
なって行くことが多々あります。
学んだことが無駄になるのはもったいないですよね・・・

けれど、

そういった心配が講演会映像にはありません。

パソコンやスマートフォンで見ることが出来るので、繰り返し何度も
見ることが出来ます。


講演会と違って、人に気兼ねする事なく何度もです。


不登校や引きこもりを解決したいけど、なにをすればいいのかわから
ない・・・

そう、悩んでいるのなら、少しでも早く解決するために見る価値が大いに
あります。

伊藤幸弘さんの講演会映像の詳細はこちら

伊藤幸弘 講演会動画

親がとるべき行動を知ることが大切である。

子供が不登校になった場合、問題を解決するうえでとても大切な
事があります。

それは、親がとるべき行動をするという事です。

反対に親がとるべき行動をとらないで、間違った行動を続ける事
で良かれと思ってしていたことが逆効果になってしまい、不登校
状態が必要以上に長引いてしまう事になります。

それでは、親がとるべき行動(してはいけない行動)とはどういう
ものなのか紹介します。

 

自分の力だけで解決する事を試みる

よくやってしまいがちなのが、自分の力だけで不登校という問題を
解決しようと頑張ってしまうことです。

子供の将来の事を心配して、過度に期待をかけてしまう事が多い場
合や「子供に対する期待が大きい」ほど、親自信の気持ちのコント
ロールがうまく行かなくなってしまう事が多いです。

しかし、子供は親の思い通りになる事は少なく、自分の意志で生き
ています。

なので、一人の人間であると尊重する気持ちを忘れずに心配や期待
し過ぎる事のないようにしましょう。

そこで、第三者に解決を頼ってみる事も選択肢に入れるという事が
大切になります。

三者であれば、我が子ではないので特別大きな期待を抱くとか心
配するという事がなく、子供に対して過度な接し方にならないから
です。

最近では専門家も増加している傾向にあるので、相談してみるのも
ひとつの選択肢として持つという事が大切です。

注意してほしいのは専門家も人なので、子供さんとの相性はあるとい
う事です。

子供の心配ばかりしてしまう

不登校になった子供自信は自分が悪いと感じてる事が多いです。

なので、親としては心配になりますが、必要以上に心配してしまうと
不登校の子供にとっては過度のプレッシャーとなってしまいます。

不登校になる理由は様々で、これをしたから解決するという物ではあ
りません・・・

そこで、親としては長い目で子供を見守ってあげるという姿勢がとて
も大切です。

親の方に心の余裕がなければ、子供にも余裕は生まれません・・・

すると、不登校を解決するどころか余計に長引く事態となります。

思春期や青年期の年代の子供は価値観がものすごく早いペースで変化
します。

なので、いくらかの問題行動や挫折があるのは当然の事なんです。

子供が不登校になったからといって親の自分が悪いのではないかと過
度に自分自身を責めないでください。

長い目で子供を見守って、まずは自分の精神状態を落ち着かせる事を
心がけましょう。

以上、親がとるべき行動(やってはいけない行動)を紹介しました。
これらは、不登校の子供に対する正しい知識を持っていれば、軽減で
きるものです。

正しい知識を知りたい人はこちらから

「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

子供がどんな気持ちなのかを知るためのヒントを紹介

不登校になった子供はどんな気持ちになっているのかを知る
ためのヒントを紹介したいとおもいます。

子供の気持ちを知ることで少しでも解決への近道になれば幸
いです。

親御さんとしては不登校になった子供がどんな気持ちでいる
のかを知って理解してあげたいと願う方も少なくありません

けれど、不登校を経験したことのない親御さんの方が多いで
す。なので、気持ちを知り理解しようとしてもなかなか難し
いのが実際のところです。

なので、不登校になってしまう気持ちがイメージしやすいよ
うヒントを紹介します。

 

嫌な上司がいる職場に通うのをイメージしてみる

毎日嫌味を言ってくるとか、決めつけてかかって来て何かと
攻撃的であるなど・・・

事あるごとに何かと文句を言って来て、自分のストレスを発
散するような上司、本当に嫌な上司がいる職場は辛いです。

嫌な上司と毎日顔を合わせて仕事をしなくていけないと思う
とその職場には行きたくないと感じるませんか?

けれど、生活があるので仕方がない頑張って働くしかないと
感じるのではないでしょうか?

それでも、働く・・・けれど気は進まないですよね

そうなると、他の職場を探すとか出来れば嫌な職場からは離
れたいと考えるのが通常だとおもいます。

心がはじけてしまう

大人であれば嫌な上司がいる職場ではなく、新しく違う職場
を探すのではないでしょうか?

しかし、それが出来ない状態だとしたらどうなるでしょうか

気持ちでなんとか乗り切るとか前向きに考えてやり過ごそう
とする人もいます。

けれど、これらは心の底からの改善策ではありません。
表面的な対処法となります。

なので、ずっと嫌な気持ちを抱えたまま仕事を続けていると
いつか、心は悲鳴をあげる日が来てしまいます。

そうなると、精神的にまいってしまったり病気になってしま
うでしょう。

ずっとそんな状態が積もり積もってくるといつか心ははじけて
しまう日が来ることになります。
辛い気持ちを抱えたまま嫌な職場で働き続けることで鬱になる
人もいます。

でも、これって自分の意志が弱いから嫌な職場なのでしょうか
ちがいますよね、嫌な上司がいる職場だというのが現実です

思った以上に子供は追い詰められた気持ちになっている

これらのことを不登校になった子供に置き換えてみると・・・
その学校が嫌な環境であるということです。

なのに、学校へ行きたくない気持ちを抱えたまま通学している
そしてつらい気持ちが積もり積もって不登校になる。

これが、不登校になった子供の気持ちです。

でも、不登校になった子供に対して意志が弱いから学校に行け
ないだとか、学校へ行くのが普通のことだと親から言われて
しまうと、どうでしょう?

子供はとても辛い気持ちになるんではないでしょうか?

なんだか、どうでもいいやとか絶望的な気持ちになってしまう
のではないでしょうか・・・

子供にとっては辛い環境である学校へわざわざ行きたいはない
んです。
辛い想いをするだけの場所へは行きたくないんです。

「早く学校へ行きなさい」とか「当たり前のことだから」と
言われると子供の気持ちはとても傷つきます。

親子関係が良好で子供が気持ちを素直に親に対して言える環境
であれば別ですが、実際はそうでないケースが多いです。

そういった時に子供はとても追い詰められた気持ちになってい
るんです。

思ってる以上に子供の気持ちは追い詰められているんです。

大切なのは学校へ通うことそのものではない

子供にとって大切なのは学校へ通うという事実ではなく、良い
環境が大切だということです。

ただ学校へ通うだけではなく良い環境であることが大切です
でないと、子供は不登校になった学校に対する印象が強く残っ
ているので、学校に対して悪いイメージを持ってしまってます

これを払拭することが大切です。
そうすれば学校へ行くことのイメージを変えられる可能性が
高くなります。

学校へ行くことがゴールではなく、学校へ通うことが出来る
ようになる事はスタートだと考えてください。

そうなるためには選択肢をあたえてあげることです。

より自分にとって良い状態はどうすれば良いのかを選択できる
ようにしておくと子供は自由に選択することができ心にゆとり
が生まれます

そうなると、学校へ再び通うことが出来る可能性が高まります。

子供の気持ちを知り理解するためのヒントを紹介しました。

こちらの記事も読まれています。

子供との接し方について

子供との接し方についてのヒントはこちら

不登校になった子供との接し方がよくわからないと考える親
御さんはとても多くおられます。

そこで、今回は不登校になった子供さんとの接し方について
のヒントになる事を紹介します。

子供さんとの接し方の参考になれば幸いです。

 

子供との接し方で大切なのは、子供を理解する

不登校になった子供との接し方で大切な事は子供の気持ちを
理解する事です。

ここで、間違ってしまうのが理解してるつもりが、いつの間
にか同情してしまってるという事です。

「大丈夫?」「あなたは辛いから」「今は焦らずにゆっくりと
休んで」などという言葉を使い子供の事を心配していませんか?

この言葉や対応自体は悪いことではありません・・・

では、何がいけないのか?というと過剰になり過ぎるという事
です。

子供との接し方で同情や心配が過剰になってしまうと、本人に
してみれば「自分は不登校だし、かわいそうな奴」だとか「出
来の悪い人間」だと決めつけられているような感覚になってし
まうという事です。

すると、子供にしてみれば自尊心を傷つけられてしまう事にな
ってしまいます。

親としては子供に寄り添っているつもりでも、それが子供の心
を傷つけてしまってるんです。

そうなると、子供は親と接したくない状態になって、距離を取
るようになります。

そうなると、ますます不登校を解決するのが難しくなってしま
うのは目に見えています。

なので、子供との接し方で気をつける事として過度の同情や心
配をするのではなく子供の気持ちを理解することに努めましょう


正論で子供を追い詰めてしまう

子供との接し方で気をつけたいのが、正論で子供を追い詰めてし
まうという事です。

親にしてみれば子供の将来が心配になったり、他の子供はちゃん
と学校へ通ってるのにうちの子だけどうして?と頭を悩ませてし
まうのですが・・・

正論ばかりで叱られてばかりいると子供の心は休まる事がありま
せん

なので、子供との接し方で大切なのは正論ばかりで追い詰めてし
まわないよう注意する必要があります。

子供にしてみれば、心を休める場所として親の事を必要としてるの
にもかかわらず、正論で責め立てられてしまっては辛いばかりです

これでは不登校を解決するどころか、ますます悪化してしまう事の
方が多いです。

正論なので内容自体は間違っていません。正論が故に逃げ場がなく
なってしまうのです。

こうなると子供は自分の事を攻めてしまうようになり、家に居場所
がない状態となります。

また、親から正論をぶつけられるような接し方をされると子供とし
ては冷静に受け止めることができない状態になる事が多いです。

なので、正論を発する前にひと呼吸おいて、子供はこの言葉で辛く
ならないか?と自分に問いかけて欲しいのです。

子供は自分でも学校に行けない事を良いとは思っていません。

更に親から正論で説教されるという接し方をされると余計に辛くな
ってしまいます。

子供との接し方で大切なのは正論で追い詰めてしまわないことです


子供さんとの接し方で大切なのは子供の気持ちを理解して居場所を
作ってあげるという事でした。

すぐに接し方を変える事はできないと思いますが、少しずつでも実
践して行くことで子供さんとの関係も良い方向へ進むかと思います

 

 子供への接し方の詳しいやり方や方法はこちら

伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD

 

 

 

不登校での自己受容に、よくある勘違いされる事とは・・・

 

不登校にとって自己受容が大切だという事を耳にする機会は
多いかと思います。

けれど、この自己受容について勘違いされてる人が多いという
事があります。

今回は不登校にとって大切だとされる自己受容によくある勘違いを
紹介したいと思います。

 


自己受容を自己肯定だと勘違いされる事が多い

精神的な自立を目指す上で自己受容というのはとても大切な
ので、ちゃんと出来れば不登校を解決するのに役立つ事となり
ます。

けれど、勘違いして受けとめてしまうために逆効果になってし
まうんです。

どんな、勘違いなのかというと・・・

自己受容のことを自己肯定だと考えてしまうんです。自己肯定と
自己受容は本当のところ内容が異なると考えられます。

例えば人間なのでその時の気分というものがあります。なので
「なんだかやる気がないなあ~」「嫌だなあ~」と思う事もあり
ます。

この時にやる気がない自分でも大丈夫とか、やる気がなくても
いいんだと無理やり肯定してしまう事です。

そうではなく、今の自分はやる気があまり起こらない。これは
やりたくない事だといういった具合にあるがままを受け入れる

これが、自己受容になります。

そこには肯定も否定もなく、そのままを受け入れるという事です
なので、無理やり自己肯定するのではなく自然な形で今ある状態

を素直に受け入れる、自己受容を心がけてください。

自己受容がうまくいけば精神的自立につながる

物事に対して否定や肯定を繰り返していると自己受容がうまく
出来なくなってしまいます。

反対に自己受容がうまくいくようになると精神的な自立へと繋が
不登校の解決へと向かっていきやすくなります。

ここで大切な事は、不登校な本人だけが自己受容するのではない
という事です。

親御さんも今の状態をあるがままに受け入れるという事が大切
です。

ここに否定や肯定を持ち込むので、どうしても問題視してしまう
事が増えてしまいます。

学校にいってないと、将来がだめになるとかちゃんと生きて行く
事が出来なくなってしまうと今起こってる問題ではなく、現状
起きてない問題を作ってしまうんです。

問題に固執せずに、できるけ自己受容を心がける事が大切です

すぐに出来る事ではないと思いますが、少しずつでも実践してる
と心が楽になってくるかと思います。

うまく自己受容を取り入れて、不登校を少しでも早く解決しまし
ょう。


不登校を解決するためのヒントはこちら

「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

【不登校の親の特徴6】マイナス思考で否定的である

不登校の子供を持つ親の特徴として強いマイナス思考を持った
親御さんが多いです。

マイナス思考なので、行動や考え方が批判的ですし、何事にも
否定的である場合が多いです。

すると、自然に子供に対しても批判的であったり否定してしま
う傾向が強いです。

◆否定的であれば、子供とのコミュニケーションが減少する

不登校を解決するのに子供とのコミュニケーションを取る事が
とても重要です。

しかし、否定的であったり批判的な態度をとってる親とのコミ
ュニケーションを子供としては取りたいとは思いません。

なので、マイナス思考が強すぎる場合は不登校を解決するのが
難しくなるのは想像に難しくないと思います。

子供とのコミュニケーションが取れない場合、子供の気持ちが
分かりづらくなります。親としては子供を助けたいと思い行動
やアドバイスをします。

けれど、コミュニケーション不足であるが故、的外れなアドバ
イスであったり意見になり、子供は親に対する不信感を強めて
しまいます。

そうなると、負の連鎖となり不登校を解決するのがより難しく
なるでしょう。

◆悲観的であったり、批判的な考え方は不登校を長期化させる

子供にしてみても、親が自分に対して批判的であったり否定的
な態度を継続してとられていると、状態としては良くなるとこ
ろが見つかりません。

なので、不登校を解決するどころか長期化する一方です。

リスクや危険を回避するのにマイナス思考そのものは悪い事では
ないと思われます。

しかし、過度にマイナス思考であると問題になります。

悲観的で否定的な考え方が強すぎると、精神状態が安定する事が
ありません。そんな不安定な精神状態だと子供を振り回してしま
う事でしょう・・・

また、否定的な考え方をしてる親は子供の将来や未来を悲観的に
捉えていることが多く、マイナスな言葉や言動になってしまいま
す。

そんな親とともに暮らしている子供はパワーを出すことができま
せん。そうなると、子供は親を避けるような状態になる事が想像
出来るのではないでしょうか・・・

強すぎるマイナス思考は不登校を長期化させる一因になります。

◆考え方を少し前向きにしてみる

さきほども述べましたが、マイナス思考そのものは決して悪い事
ではないと考えます。

それは、リスクや危険回避をするうえで、とても大切な事なので
何事も失敗があり、成功ばかりではありません。

なので、強すぎるマイナス思考はよくないということです。

今の考え方が悲観的で否定的な事ばかりであれば、少しずつでも
大丈夫なので、プラスに捉える考え方をするようになれば子供さん
との向き合い方も変わってくるかと思います。

子供とのコミュニケーションを増やし、子供との関係を良好な状態
に変えたいのであれば、これまでの考え方や行動を変えてみる事を
おすすめします。