伊藤幸弘の評判は悪いのか?

伊藤幸弘さんの評判はどうなの?伊藤幸弘さんの不登校解消法についても紹介!

伊藤幸弘さんの【評判】は悪い?それとも・・・

28年間のあいだに2000人以上の不登校
ひきこもりを解決してきたと評判の伊藤幸弘ですが

本音のところはどうなのか気になるところです
伊藤幸弘さんの評判はどんな感じなのか紹介します。


少年時代をいじめられて過ごした伊藤幸弘さんですが
高校時代になんと1500人もの不良を率いる

暴走族の総長になっていました。
その時代にかなりの悪事をしてきたそうで、刑務所に
入ったこともある経歴の持ち主でした。
当然ですが、このころの伊藤幸弘さんの評判は最悪です^^

その後、ふとしたきっかけから10人の非行少年の

問題を解決することになります。
校内暴力のひどい彼らのことで学校はかなり困っていた
んですが、その時に伊藤幸弘さんは彼らとしっかりと

話合って相手を理解することで、校内暴力の問題を

解決することができたんです!

このことが今の不登校の解決につながっているんです。

そして、問題を解決したことが周囲でも評判になり
少年たちの問題を解決することになっていく事になります。


書籍を5冊も出版したり、評判がたってテレビなどの
メディアからの出演依頼もたくさん来ました。

なんと、国会で話をする機会にも恵まれます!


伊藤幸弘さんの不登校・ひきこもりの解決方法は評判が
高く、いまでは幼稚園で子育てカウンセラーとして

園児の両親地域の子育てについて相談にものっています。


伊藤幸弘さんの評判は高く周囲からも信頼されていました。
強面ですが、優しいこころを持った人であると評判です。

伊藤幸弘さんのひきこもりを解決する詳しい方法はこちら


伊藤幸弘さんのひきこもり解決方法

友人関係が原因となる場合、いじめなど特別な原因が無い場合

○友人関係が原因で不登校になる

2013年に文部科学省の調査結果でも公開されてましが、中学校の
不登校
原因として友人関係で不登校になる原因としてかなり大きな
割合を占めています。

なので、友人関係が原因で不登校になる子供はかなり多い
状態となっています


○成長のスピードが子供によって違う!!

・本音で話ができる友人がいない

・なんとなく関係がうまく保てない状態になる

こういった特別な原因がある理由ではなく、なんとなく漠然と
友人との関係がうまくいかないことが原因で不登校へと
繋がっていきます

では、どうしてこんな状態になるのかというと・・・

それには理由があって子供はそれぞれ成長するスピードが
違っているということです

成長期の子供なので、見た目は体が大きくなったり成長して
いるんですが
実は中身がまだまだ子供で幼い状態であるということです・・・

中学生は中学生の態度、高校生なら高校生なりの考え方をしてると
思いがちなんですが見た目は高校生なのに、中身は中学生といった
ように精神が成長していない子供がいるんです

このように成長のスピードが遅い子供がいるんです・・・


○周りとの温度差ができてしまう

このように成長のスピードが違うと周りから浮いた存在になって
しまうんです・・・

周りのクラスメイトからすれば、「もう、中学生なのに小学生みたいだな」
とか「いつまでも子供みたいな事してる」などと周りから浮いた存在に
なってしまいます。

一方、本人は成長のスピードが違っているだけなので自覚することが
できないんです
なので、悪気なくいつもと同じ行動をとっているだけです


○なんだかうまくいかないので友達との関係がうまく行かなくなる

本人には自覚はないですが、成長のスピードが違うために周りの
子供達との関係がうまくいかなくなっていく理由です・・・

この場合は親御さんは子供のことをしっかりと理解してあげてちゃんと
原因を知ることが大切です

学校へ行けばなんとかなる!という問題ではありません!

なぜなら本人が周りの成長に追いついていないので、友人との
温度差は広がる一方です
無理して学校へ登校することで、精神や体に異常を来たして立ち直れなくなる
子供は本当にたくさんいます。

なので、しっかりと子供と向き合い成長のスピードを埋めるためのサポートを
しっかりとすることを実行してください

きちんとした専門家にサポートを依頼して子供をしっかりとサポートしましょう

○専門家はきちんと選択する!!

このとき大切なことは、きちんとした専門家を選択するということです

不登校の専門家と名乗っていても実はにわかであることがあります。今までは
全く違う職種に就いていたのに最近不登校の職種についているような、
にわかの専門家に相談しないよう注意してください!

いままでに不登校の子供と対応をしていて経験を積んだ専門家へと相談する
ことが大切です
でないと、問題が解決するどころかひどい状態になることもあります

きちんとした専門家を選択しましょう


こんな記事も読まれています

子供の自律する力をつける大切な時期を知っておく!

不登校になる子供の親の特徴【その1】せっかちで過度に効率を求める

不登校の子供を持つ親御さんの特徴としてせっかちな性格をもったひとが
多いことがあります・・・

○効率を求めすぎるせっかちはバランスが悪い・・・

いろんなことで時間をかけたくない、無駄を嫌う傾向があります。

親御さん本人が自覚されていることも多いのも特徴のひとつです・・・

 

社会に出て効率よく物事をこなし無駄を嫌うことはとても良いことであると
いえるかと思います。

 

せっかちであっても仕事や団体行動の中では効率よく動く人間は重宝されます。
効率よく物事をこなしてスムーズに運ぶのはメリットがたくさんあります。

 

ただ、バランスがとても大切になります・・・

 

いきすぎたせっかち(効率)は調和を崩します

○子供の心の中に反発する心が生まれてしまう・・・

親が過剰に効率性を求めることで、子供の中にそれとは反対の心の動きが生じて
しまうんです・・・

 

行き過ぎた効率性を重要視するがあまり、子供にとってはそれが大きなプレッシャー
となって現れてしまうからです

 

これによって子供が不登校になるケースも少なくないんです
なぜ、不登校になるの?という疑問が沸いてくるかも知れませんが
ちょっと考えて
もらえると理解してもらえると思います

 

不登校ってものすごく非効率ですよね・・・


親の過度な効率性を求めることに反発してとっても非効率である不登校という形で
現れているんです

親の性格って子供にとってはすごく影響を与えるものであると知っておいてほしい
ところです

そんな馬鹿な事があるの?と思うかも知れませんがそれほど子供にとって親の
性格と
いうものはとっても大きいんです!!


自分の性格を知って、過度に自分が効率をもとめて子供にプレッシャーを与えて
しまっていないかいまいちど考えなおすことをおすすめします。

そうして、子供としっかり向き合ってください

親がストレスを抱えてしまう場合の対処法

○ストレスを抱えやすい状態になっている

不登校の子供を持った親はストレスを抱えやすい状態になっています
というのも学校へ行かない自分の子供に対して劣等感を抱いているからです。
どうして自分の子供が学校へ行かないのか?

どうしたら学校へ通ってくれるのか・・・

このままじゃだめた・・・そんな想いが重なっていきかなりストレスを
溜めやすい状態になっています。

○子供も親に対してストレスを抱えている

ストレスを抱えた親は情緒不安定になっているところがありキレやすい状態に
なっています。これは、良い親でいることを頑張ってる親に多いです。

子供の欲求に対してなるべく笑顔で応えようとしたり、キレてしまったあとに
「こんなことではいけない」とキレないように我慢する。
我慢したまま子供の要望に応えようとする

すると、親自身の我慢の限界を超えた時に些細なことでキレてしまう・・・

この負のループを繰り返しています。

ですが、子供側にしてみればよくわからないことで親にキレられて
しまっているんです・・・

「御飯作って」と親にお願いして「いいよ」と返事が返ってくる
食べきらずに残す、次にまた別の物(その時の子供の体調などで食べやすい物)を頼む

すると、親が急にキレる!!

子供にしてみれば、わけがわかりません!作ってと頼んで「いいよ!」
と返事が返って来たはずなのに突然親にキレられる!!

こういった、子供にしてみれば理解できないことでキレる親に対してすごく
ストレスを抱えてしまってます。

○親は子供に対していい顔でいなくてもいい

親が頑張って良い親でいようとすると表面上はいい顔を子供に対して
作ってしまっているんです・・・

正直なところ親は子供よりもたかだか十数年から二十数年早く生まれただけの
存在です
いつの間にか子供の前では立派な姿を見せなくては行けないという想いが
出来てしまいます・・・

ですが、親も一人の人間でありそれほど強くない存在です・・・
なので、子供に対して素直な態度をとてもいいんです。

なので、辛い時は子供に対して「辛い」とかいまは疲れてるから
「ご飯を作るのは少し待ってもらえる?」などと素直な気持ちを子供に
対して伝えましょう

あなたの子供を信じましょう、きっとあなたの気持ちや状態を理解してくれます。

正直な姿を子供にみせることで抱えていたストレスはかなり軽減されます。
けっして子供に対していい顔をしなければならないわけじゃありません。

○子供と素直に向き合うことで見えてくるものがある

子供と素直な気持ちで向き合うことで、子供の気持ちに対する理解が深まります
子供と向き合って子供を理解しましょう、そしてしっかりと愛情を注いで
あげることで不登校の解消へと繋がっていきます。

  

www.infotop.jp

不登校の原因親子関係【その4】両親が高学歴の場合

高学歴な親が原因で子供が不登校になる場合もあります・・・

それでは、高学歴な親がどうして子供の不登校の原因となるのかお話し
したいと思います。

○高学歴の親は子供にプレッシャーを与えてしまう!

親が高学歴である場合、子供に対しても学歴を求める傾向がとても
強くでることが多いです・・・

それに対して子供は必死に勉強します。

この時に良い成績をとれていれば表面上は問題ないように感じます

が、成績が悪くなると途端に自分には価値がないかのような気持ちになる
すると、やる気がなくなっていく・・・

このように、子供に対して学歴だけを求めてしまうことはとても強い
プレッシャーを与えることになります。

○自分に対する存在価値がみえなくなる

成績が良い時はまだいいのですが、悪くなると自分に対する存在価値が
子供にはみえなくなってしまいます。

それは、勉強の出来る子がいい子であり出来ない子は悪い子だからです・・・

また、成績が良い時でもいつ悪くなるかも知れない不安と子供は戦って
います。成績の良い自分が愛されているのであって、よくないと自分は
愛される価値のない人間だと考えるようになってしまいます。

ですから、学歴だけにとらわれるのはとても危険なことです。

○子供は存在そのものを愛して欲しい

子供は勉強の出来る自分を愛して欲しいのではなく存在そのものを愛して
欲しいのです・・・

高学歴の親として子供に対して勉強をさせることは社会に出て苦労を
させないための子供に対する愛情からでる行動なので、悪気なく学歴にこだわります。

ですが、もういちど子供との関係を見直して学歴に偏りがちな愛情の向け方を
変えることが必要になります。

子供の存在そのものを愛してることを理解してもらう必要があります!

しっかりと、愛情を育てることで子供はやる気を取り戻して行きます。
愛されてるとわかった上で勉強をすることの大切さを伝えるのと
そうでなくただ、勉強させるのとではおおきく違います。

まずは、親であるあなたが変わらないと駄目です。子供から変わってくれることは難しいです。

子供との接し方を変えていきましょう・・・

ただ、子供を変えようとしてはいけまんよ!自分が変わることが大切です。
じゃないと、子供にちゃんと愛情が伝わりませんので・・・


子供に愛情を正しく伝える詳しい方法はこちら

不登校原因対策マニュアル

 

 

朝が起きれないという理由で不登校になることがある!?

ネットのニュースでみた記事にあったけど、

いじめを含む人間関係の次に多い不登校の理由として、「朝起きれない」と
いうことがあるんだそう・・・

文科省の調査でわかったことだけど、割合としては30%以上になるので
かなりの数ですね。

不登校になる人の3人に1人が「朝、起きれない」というこになります
この数字を見た時は正直ちょっとびっくりしました。

ただ、この言葉だけを聞くと「親のしつけが悪い」とか「甘えてるだけじゃない?」
思ってしまいがちだけど、背景を知ることでそうではないことが見えてくる・・・

朝起きれない時の症状として、頭痛や吐き気がする。

そして、無理に食事をすると吐いてしまうとか

病院に行って調べてみると、起立性の調節障害という診断をされることがある。


これって、朝起きる時に倦怠感におそわれて体がいうことをきかずに立ちくらみを
起こしたり、ひどいと失神することもある障害のことをいうみたい。

で、元凶として心にあるストレスでそうなってしまうんだとか

だから、親のしつけが悪いとか体調管理をしてないから起こるんじゃなくて
精神的な理由でおこる状態をいう。

そこで考えるのが血圧が問題なら薬を飲めば治るんじゃないの?と思う人も
いるかも知れないけど、そうでもない・・・

朝起きれないという状態になったAさんがいるんだけど、学校の部活で
いやがらせを受けていた・・・

でも、親に心配をかけたくないから顧問の先生にだけ相談したみたい

ところが、その先生の返答というのが「そんなことは気にするな!」といった
感じ・・・・

その後、朝起きることが出来なくなってしまった・・・

ここでわかることは、この子がどうして朝起きれなくなったかという
背景を知ることが大切であるということ!

精神的な問題に至るまでの過程として

・いやがらせを受けて心が傷ついていた

・未来に対して希望を抱けない、改善の兆しが見えないから。
これによって本人は絶望してしまう

・相談する相手がいないため、孤独になってしまう。


起立性調節障害を改善するためには本人が抱えている問題を理解して対応することで
回復の兆しが見えてくるんだそう

なので、本人の話をしっかりと聞いてくれる相手がいることがすごく大切だということ

もし、自分の子供がどうしても朝起きれなくて学校に行けないのであれば無理して行かせる
ことを焦るのではなく、しっかりと本人と向き合うことが大切なんだとか

背景を知るためには、子供の話をしっかりと聞ける状態にあるってことだし
やっぱり子供の話をちゃんと聞くというのは大切だとつくづく感じた・・・

 

不登校の原因、親子関係その3、夫婦(両親)の間に溝がある場合

親子関係が原因で不登校になる場合に夫婦間で埋められない溝に
よるものがあります。

○夫婦(両親)間の溝は喧嘩以上に不登校になりやすい!

夫婦(両親)間に埋められない溝がある場合、不登校になる原因としては
喧嘩して仲が悪い親子関係の時、以上に危険です・・・

というのも喧嘩をしてる夫婦(両親)間では親同士の意思表示はして
いるからです。意思表示をしてるので子供にも感情が一応はみえます。
なので、僅かではありますが希望を抱くことが出来ます。

ところが、深い溝がある場合にはそれがありません!

表面上は一応夫婦を演じていますが、本質はそうではなく深い溝が存在して
いる場合、将来に対して希望を持つことが出来ません!
なので、光の差し込むところがなく先が真っ暗です・・・

話し合いや喧嘩をして相手に意志を伝えて改善を試みるのではなく、相手を
最初から許す気がなく、相手からの意思表示も受け付けない状態・・・

そんな溝が夫婦間にある場合、子供の不登校の原因になりやすいです。

また、負の感情が蓄積していくと悪いエネルギーをどんどん膨らませていきます

こうなるとその負のエネルギーはとんでもない形で表に出てくることになる
かも知れません!

うつ病になったり、DV、離婚へと発展する可能性も高いです


○子供はとても敏感です!

子供はとても敏感なものです。なので、負のエネルギーが家庭内に充満して
いることに真っ先に気づくのが子供なんです!

子供はそんな時に抱く感情としては自分がとても不幸であるということです。

「自分はこんな親の元に生まれてとても不幸だ!」という感情を抱くように
なります。すると、何もやる気の起きない半ばやけくそのような感情が
生まれるようになります。

すると不登校へと発展していきます。

やる気がなくなり、部活動や学校の勉強がばからしくなり学校へ行く意味が
なくなってくる。すると学校へ行かなくなるといったことからです。


大人にもありますが、仕事や人間関係で上手く行かないであるとか結果が
出ない時があるとやけくそになったりします。そんな時はやけ酒を飲んだり
もうどうでもいいや!といった感情が湧き上がることがあります。

大人だけでなく子供も同じですが、不幸も度が過ぎると投げやりになり
物事がどうでもよくなり、もっと不幸になってやる!といった感情が出て
しまうんです

それほど、夫婦間に深い溝がある場合は子供にとって不幸な環境であると
いうことです。

なので、不登校の原因のひとつである。親子関係で夫婦間の溝はとても
子供に対して悪い環境となります。