伊藤幸弘の評判は悪いのか?

伊藤幸弘さんの不登校・引きこもりを解決する方法の口コミを紹介してます。また、不登校・引きこもりについての情報も紹介しています

不登校への対応

声掛けの時に注意しておきたいこと

不登校になった子供に対する声掛けの時に注意しておきたいポイントについてお話します。 不登校になった子供への対応として声掛けをするのはとても大切で、子供とコミュニケーションをとるという事はすごく良い事になります。 子供がモチベーションを持つの…

不登校への対応『表情を明るくする』

子供が学校へ行けなくなり、家にずっと居る状態になると不安も重なり辛いです・・・ なので、ついつい表情も暗いものになってしまいがちになってしまいます。 辛い時に暗い表情になってしまう気持ちもわかります。しかし、暗い表情のままでいると良い方向へ…

不登校への対応【強制感をなくす質問】

学校へ行けなくなった子供への対応として強制しないという事がとても大切になります。なので、強制しないで子供の気持ちに寄り添う事が大切です。 強制しようとすると子供は心を閉ざす 強制せずに子供の気持ちに寄り添う 強制しようとすると子供は心を閉ざす…

不登校への対応【子供の話に耳を傾ける】

不登校への対応として大切な事のひとつで子供の言葉や話に耳を傾けるという物があります。自分では子供の言葉や話を聴いているつもりであっても意外と出来ていない事が多いものです・・・ ただ、子供の話を聞くのではなく「聴く」ということが、とても大切に…

不登校への対応『子供の存在に感謝』

不登校を短期間で改善した親御さんの特徴として感謝を持って子供に対応している人が多いです。 まずは今現在が恵まれている事に感謝している人が多いです。 子供が不登校になってしまい、そんな余裕はなくどうしてもマイナス思考になってしまいがちですが、…

不登校への対応『注意する点』

不登校へ対応するときに注意しておく点についてお話したいと思います。 不登校を改善するための期間を出来るだけ短くなるようヒントを紹介しますので参考にしてみて下さい。 不登校へ対応するということで親御さんの中に多いのが、いきなり難しい事に取り組…

不登校への対応『親の心構え』

不登校への対応として親の心構えを紹介します。不登校になった子供への対応として親の心構えはとても大切な物になります。 【子供のことを受け入れる】 ありのままの子供を受け入れるという姿勢がとても大切になります。これは、とても難しいことですが、あ…

不登校への対応『子供に選択肢を与えてあげる』

ストレスを抱えた心理状態の子供に対する親の対応を紹介したいとおもいます。 選択肢を与えてあげることが大切 当たり前である学校へ登校出来ないというのでストレスを抱えた心理状態の子供への対応として、選択肢を与えてあげられるといいかとおもいます。 …

親の対応として選択肢を与えることをする(学歴や自立)

子供との話し合いをする時間を持つ 学歴をつけておくのも大切であると子供に教える 休息も大切ではあるが、将来のために選択肢を作ってあげる 子供との話し合いをする時間を持つ 不登校になった子供にする親の対応として大切なのが選択肢を与えてあげること…

子供への対応【その3】不登校での勉強の仕方を伝える

子供への対応として勉強の仕方を伝えると今後にも役に立ちます 不登校になった場合で子供が抱える問題として多いのが学力の低下です。教わる人がいなくなるので学力が低下するのは当然の事といえるんですが・・・ なので、不登校の場合は勉強の仕方を知って…

居場所づくりで知っておきたい3つのポイントを紹介!?

不登校の子供に対して居場所づくりをすることはとても大切なんですが、居場所づくりをする上で知っておきたい3つのポイントがあるので紹介しておきます。 居場所づくりをしようと意識するあまり、子供の気持ちを考えないことなどがあります・・・ それでは…

対応【その2】子供のことをしっかりと見て残しておく!

自分の子供が不登校になった時の対応として、しっかりと自分の子供をよくみることです。 そして、自分の子供がどんな行動をしているのか?また、どんな言葉を発しているのかをちゃんと見ておくことです また、子供への対応としてそれを記録として残しておく…

学校に行かない子供への対応はどうすればいいの?

学校に行かない子供に対する親の対応はどうすればいいのか分からないと悩んでる親御さんがたくさんいます 子供には学校へ行って欲しいと親は考えてしまいますが、学校へ行かない子供にとっても学校へ行けない理由を本人は抱えて悩んでいます・・・ そんな時…

親の対応は?子供に対して何をすればいいのか?

子供が不登校になった時に親はどういう対応をすればいいのか? 子供が不登校になった時の親の感情として「大きな不安」「疑問」「怒り」といった感情が噴き上げてくることと思います 正直、それを子供にぶつけてしまいたいと思うかも知れません・・・でも、…