伊藤幸弘の評判は悪いのか?

伊藤幸弘さんの不登校・引きこもりを解決する方法の口コミを紹介してます。また、不登校・引きこもりについての情報も紹介しています

幼児期の愛情不足で不登校の原因となることがある現実とは!

幼児期の愛情が不足していると不登校
原因になることがあります。

ただ、間違ってはいけないのが育て方が
悪かったということではありませんので
誤解しないようにして下さい。

子供を育てるために、話を聞いたり
ママ友に相談するなど人からの意見に
耳を傾けるなど人それぞれ努力をして
来たことと思います。

そんな努力が間違っているとは思えません!

では、どうして愛情不足になってしまうのか?

しつけを誤解してしまう!!

しつけについても同様のことが起こる場合が
あります。

親としては子供に対して勉強をさせるのは
今後の将来を考えての事です。
なので、時には厳しくなったりもします。

この時、親は子供に対して愛情のを持って
いたとしても誤解を生じてる場合があります。

そうなると「愛情不足」を感じてしまい
不登校やひきこもり・非行などの問題行動に
発展する場合があります。

でも、これは子供さんが助けを求めている
サイン!

この子供さんからのサインを見逃さずに
ちゃんとSOSを受け取ることで愛情不足を
防げる可能性が高くなります。

しっかりと、子供さんからのサインを見逃さ
ないようにもう一度、接し方を見直して下さい。

それは、個人差があるということです!

子供ひとりひとりも個人としての人間です
なので、愛情の感じ方んいも個人差が
あるんです!!

抱っこひとつとっても感じ方が違います。

たとえば兄弟がいたとして上の子どもを
1回抱っこして満足したとして、同様に
下の子も1回抱っこしたとします。

でも、下の子は同様に抱っこしたのに
満足していないことがあるんです。

下の子が2回抱っこしないと満足を
感じない子どもであれば、この時に
「愛情不足」だと感じてしまうのです。

考えてみればあたりまえのことなんですが
あまり知られていないことです。

愛情の感じ方にはこのように個人差がある
ことを知っておくことが大切なんです!

また、子供に愛情を感じてもらうのに大切な
時期というのがあります。こちらのページを
参考にどうぞ

 

子供の自律にとって大切な時期とは!?