伊藤幸弘の評判は悪いのか?

伊藤幸弘さんの不登校・引きこもりを解決する方法の口コミを紹介してます。また、不登校・引きこもりについての情報も紹介しています

学校に行かない子供への対応はどうすればいいの?

学校に行かない子供に対する親の対応はどうすればいいのか分からない
と悩んでる親御さんがたくさんいます

子供には学校へ行って欲しいと親は考えてしまいますが、学校へ行かない
子供にとっても学校へ行けない理由を本人は抱えて悩んでいます・・・


そんな時に親は子供にどんな対応をすればいいのか悩みます・・・


そこで、学校に行かない子供に親はどんな対応をすればいいのか
一例を紹介します

○親が「学校に行かないくてもいい」という選択肢を子供にあたえる

学校に行かない子供の中でもちゃんと「学校へ行くべき」だと理解してるんです
でも、学校へ行けないんです・・・


なので、親の対応として学校へ行かなくてもいいという選択肢を与えることが
とても大切です。


学校へ行かなくてもいいと選択肢を与える理由として紹介したいのが
次の理由からです


・学校へ行く必要があることを子供はちゃんと理解している
不登校を解決するためには子供の心身と健康を取り戻すことが優先
・学校へ急いで行かせることは解決に対して逆効果になる
・子供の心の平穏を取り戻すことがとても大切である

これらの理由から子供に対して学校へ行かないという選択肢を与えることはすごく
大切であると考えます

○子供を追い詰めてしまう親の態度とは!?

子供は学校へ行けないことで悩んでいます・・・でなければ学校へ行かなくても
知らんぷりしているはずです。

なので、学校へは行く必要があると子供は十分知っています


そんな状態のところへ親が「学校へ行きなさい!」という対応をしてしまうと
子供を余計に追い詰めてしまうことになります。


子供は学校へ行けないことで苦しんでて悩んでいます

「他の子は普通に学校へ行ってるのに・・・」「学校へ行けないのは自分が
悪いから・・」

そんな時に親が学校へ行くことを強制してしまうと、子供を追い詰めてしまいます

不登校の問題を解決するには順番がある

不登校の問題を解決するのには順番があります。学校へ行くのが先ではなくて
優先順位としては子供が心身の健康を取り戻すことが先決です


子供の心身の健康を取り戻すことが優先順位としては大切です

○子供を理解しないと選択肢を与えることはできない

子供に選択肢を与えることは難しいです・・・
親としてはどうしても学校へ行って欲しいと願ってしまうからです

選択肢を与える対応をするためには子供を理解する必要があります
しっかりと子供の話しを聞いて子供を理解することです


子供を理解して不登校を解決する方法はこちら

 

「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」